ラルクアンシエルを紹介するサイト
お気に入りに追加
   

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)は日本のロックバンド。
リーダーはtetsu (B)。略称はラルク。
1991年2月頃に大阪でtetsuを中心に結成。
グループ名の「L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)」は、フランス語では「ラルカンスィエル」「ラフカンスィエル」と発音し、「虹」という意味。
英語直訳は「the arch in (the) sky」、日本語直訳は「空中のアーチ」。
メンバーの一人一人が持つ高い演奏技術や楽曲センス、hydeの書く幻想的な詞などでメジャーデビュー以来着実にファンを増やし、1996年発売のアルバム「True」がデビュー後初のオリコン1位になる。
「True」はその後発売6週目でミリオンセラーに輝くなどラルク人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、直後にドラムのsakuraが逮捕され活動を完全に休止してしまう。

1997年、長い休止の後発売したシングル「虹」のヒット(当時の自己最高初動・最高売り上げを共に更新)、直後東京ドームで行われた復活コンサート「1997 REINCARNATION」では公演チケットが当時最速の4分で完売と、邦楽業界の第一線へと華々しい復帰を飾る。
1998年にはアルバム「HEART」のミリオンヒットから始まり、シングル「HONEY」「花葬」「浸食〜lose control〜」の3枚同時、シングル「snow drop」「forbidden lover」の2枚連続、1999年にもアルバム「ark」「ray」の2枚同時発売で話題をさらうなどで数々の大ヒットを飛ばし、同時期にヒットを飛ばしたGLAYと共に'90年代後期J-POPシーンのトップを走り続けた。

2001年、シングル「Spirit dreams inside - another dream -」を発売した後に各自がソロ活動などに入り、実質的な活動休止状態になる。
一部では解散説も流れ「もうラルクとしての活動は無いんじゃないか」と思われていたが、2003年に行われた「Shibuya Seven Days 2003」で大々的な復活を果たし、最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売発表で解散説を一蹴。
翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」をリリースし完全復活した。 2004年からはメインでラルクとしての活動を行いつつ各自がソロ活動をしていたが、2005年中旬からHYDEが新たにバンドメンバーを構成し再始動、acid androidもアルバムリリースを発表しソロ活動を再開したためラルクとしての2006年のスケジュールは現在未定になっている。ただHYDEは「2006年には再び活動を終える」と公表している。待ち遠しい!!

ラルク結成当初は客に「次はいつライブを見られるかわからない」という危機感を持たせるため、月1回以上はライブを行わなかった。
結成前からhydeやtetsuにはJelsarem's Rod、Bystonwell時代からのファンがそれぞれに相当数いたため、1991年5月30日にホームグラウンドとしていた難波ロケッツで行われたファーストライブは対バンながらも150人を動員。
同年9月27日に難波ロケッツで行われた初のワンマンライブでは300人以上の動員を記録し、その噂は関東まで広がり業界関係者の注目の的となった。
2回目のワンマンライブからは難波ロケッツのキャパシティを超える客が集まり人気を不動のものとする。ちなみに関東にはワンマンライブ以前の1991年8月31日に市川CLUB GiOで行われたイベントに出演し、関東でのファン獲得の礎とした。
「DUNE」リリースの前後になると『ラルク号』と名付けられた機材車に乗って全国各地を回りファンを開拓した。

メジャーデビューを果たし、最初の全国ツアー「Sense of time '94」ではチケットがソールドアウトしない会場が発生するが、次のツアー「in CLUB '95」からは前回のツアーでスタッフに全てを任せていたということを踏まえ、メンバー主体でのツアープラン作成を行った。これが功を奏しここからライブ動員数は増え続け、「TOUR heavenry '95」の最終日では日本武道館でライブをするまでになった。

heavenly

heavenly

人気ランキング : 24,058位
定価 : ¥ 2,854
販売元 : KRE
発売日 : 1995-09-01

価格 商品名 納期
¥ 2,711 heavenly 通常24時間以内に発送

95年発売のサードアルバム。曲調が変わり始めたころの作品で、今のL’Arc〜en〜Cielに向かうために模索しているという感じの1枚。hydeの詞は無限な世界へと視野を広げ、そのなかにいる孤独感を表現している。以前からの幻想的な音作りと相まって、メランコリックな雰囲気を漂わせている。
前作より全体的にテンポアップした感じで、ポップスの要素も組み入れられているので、詞は暗めだが意外と聴きやすく、耳に残る。昔からのファンはもちろん、最近彼らを知った人にもぜひ聴いてほしい。やなどは人気の高い曲。はシングルカットされた。(生野 舞)

完成度の高い作品

ラルクのメジャー2ndアルバムです。
このアルバムは前作「Tierra」に比べてポップな曲が多いので聴きやすし
初期のラルクの代表曲も収録されてるので、おすすめです。
最近のラルクのアルバムより、幻想的な歌詞が多いのも一つの特徴です。
個人的には「and She Said」「夏の憂鬱」「静かの海で」が特におすすめ。
「and She Said」「夏の憂鬱」はポップ・ロックな曲で聴きやすいですが、
バラード「静かの海で」は圧巻。透明なようで、力強いヴォーカルのhyde
ならでは、と言った曲です。
どの曲もおすすめなので、昔のラルクに興味のある人や、ファンの人は
是非聴いて、昔のラルクを感じ取ってください。

いい感じ

どの曲もよいですが、特に好きなのは 2.ヴィヴィッド・カラーズ と
7.夏の憂鬱ですね。この2つはシングルでもよく聞きました。
ラルクで最初に聞いたのは多分この2曲かな、でも最初聞いたときはいいと思わなかったんですよ!今思うと驚きだけど。
そのあと、Lies and Truthにはまって、聞き返してラルクを好きになった経緯があります。

透明感あふれる音の洪水

前作「ティアラ」の幻想的な世界感を残しながら、ポップな音も入れてきた今回の作品。いい意味で沢山の音がつまっていて過渡期ならではのおもしろさがある様に感じる。一曲目から昂揚感があり、次にくるのはシングルになっているアップテンポな「ビビットカラー」。その後はhydeの世界感のつまった音楽、4曲目の「ガラス玉」では本当に溶けてしまいそうになってゆく様な・・・と
みずみずしく透明感のあふれる音楽が最初からつまっていて最後まであきさせない。個人的には「静かの海で」で幻想的にゆったりとしめくくってもいいのでは?と、思ったものだが、そこはラルク。遊び心というか、素直には終わらせないというか、当時からラルクの精神が出ているんだなぁと、実感させられる。そんなにやっとしてしまう部分もあるが、本当に一曲一曲に聴き所が満載で、気づくとあっというまに時間が過ぎてしまう。それでも何度でも聴き返したくなる一枚です。

心弾むアルバム

ラルクの3rd ALBUMで2ndのtierraとはまた全然違います。ラルクのアルバムは似たようなアルバムがありません。それぞれが個性的で・・・それこそ虹のように多様な面を見せてくれます。これもその一つです。Vivid colorsは明るくて心弾む曲ですし、夏の憂鬱はセンチメンタルな気分になります。わたしのおすすめは ガラス玉 と 静かの海で  で、透明な中に力強さも含んで歌うハイド氏の声が響いて心地よいサウンドです。

heavenly〜素敵〜

前作『DUNE』や『Tierra』よりはラルクを聞いた事ない人にも聞きやすい作品だと思う。ラルクらしい曲がそろっているアルバムです。個人的には『Cureless』が好きです。sakuraのドラムがかっこいいです☆お勧めですよ!!


ラルクアンシエルのメンバー
●hyde(ハイド)Vocal, Chorus, Guitar(1969年1月29日生)
●ken(ケン)Guitar, Chorus(1968年11月28日生)
●tetsu(テツ)Bass, Chorus(リーダー)(1969年10月3日生)
●yukihiro(ユキヒロ)Drums(1968年11月24日生)

元メンバー ●hiro(ヒロ) 初代G 1992年6月12日に脱退
●pero(ペロ) 初代Dr 1992年12月30日の大阪ミューズホールでのライブをもって脱退
●sakura(サクラ) 2代目Dr 1997年2月24日に覚醒剤取締法違反で逮捕後、同年11月4日に正式脱退(脱退理由は音楽性の違いとなっている)

■ラルクと「ヴィジュアル系」
1999年4月19日、NHKの音楽番組「ポップジャム」の5月1日放送分収録中tetsuが2曲演奏する所を1曲でやめるという事態が起こる。
事の発端はお笑いコンビ爆笑問題の太田光がラルクのメンバーに対し「ヴィジュアル系」と言った事から。
直後演奏した「HEAVEN'S DRIVE」ではtetsuが本来やるはずのコーラスをやらず、演奏後ベースをぞんざいに扱いステージから捌けていった。
この事件はタイトルのように「ポップジャム事件」と呼ばれている。因みに演奏予定だったもう一曲もその後できちんと演奏している。 この事件を2004年出版のtetsuへのインタビュー本「哲学。」の中でtetsuは「楽器をぞんざいに扱いキレてそのまま帰ったというのは間違いである」とし、 実際は「NHKとラルクのメンバーおよびラルク側のスタッフが話し合った結果このまま収録を続行することができないという結論に達したため、スタッフ等に挨拶をし次の仕事へ向かった」 という内容のことを語っている。
実際ラルクのメンバーでhydeやkenなどは「ヴィジュアル系と言われるのは仕方が無い」と語っているが、tetsuは「楽曲をきちんと聴いてもらっていない証拠」と、これを頑なに否定している。
ただ初期のラルクでのtetsu始めメンバーを見るとヴィジュアル系の様を呈しているため、その発言に対する批判は多い。
ただラルクの活動の様子を考えると一般に「ヴィジュアル系」との定義となるハードメイクをメンバー全員がしていたのはインディーズ時代〜バンド活動中期までで、 メジャーデビューを境にどんどんナチュラルメイク化が進行し、『flower』になるとメンバー全員が普通の格好をしているのが分かる。現在のようになったのは1998年頃からである。
このページのトップに戻る
Copyright 2005 ラルクアンシエルの世界 All rights reserved.