ラルクアンシエルを紹介するサイト
お気に入りに追加
   

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)は日本のロックバンド。
リーダーはtetsu (B)。略称はラルク。
1991年2月頃に大阪でtetsuを中心に結成。
グループ名の「L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)」は、フランス語では「ラルカンスィエル」「ラフカンスィエル」と発音し、「虹」という意味。
英語直訳は「the arch in (the) sky」、日本語直訳は「空中のアーチ」。
メンバーの一人一人が持つ高い演奏技術や楽曲センス、hydeの書く幻想的な詞などでメジャーデビュー以来着実にファンを増やし、1996年発売のアルバム「True」がデビュー後初のオリコン1位になる。
「True」はその後発売6週目でミリオンセラーに輝くなどラルク人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、直後にドラムのsakuraが逮捕され活動を完全に休止してしまう。

1997年、長い休止の後発売したシングル「虹」のヒット(当時の自己最高初動・最高売り上げを共に更新)、直後東京ドームで行われた復活コンサート「1997 REINCARNATION」では公演チケットが当時最速の4分で完売と、邦楽業界の第一線へと華々しい復帰を飾る。
1998年にはアルバム「HEART」のミリオンヒットから始まり、シングル「HONEY」「花葬」「浸食〜lose control〜」の3枚同時、シングル「snow drop」「forbidden lover」の2枚連続、1999年にもアルバム「ark」「ray」の2枚同時発売で話題をさらうなどで数々の大ヒットを飛ばし、同時期にヒットを飛ばしたGLAYと共に'90年代後期J-POPシーンのトップを走り続けた。

2001年、シングル「Spirit dreams inside - another dream -」を発売した後に各自がソロ活動などに入り、実質的な活動休止状態になる。
一部では解散説も流れ「もうラルクとしての活動は無いんじゃないか」と思われていたが、2003年に行われた「Shibuya Seven Days 2003」で大々的な復活を果たし、最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売発表で解散説を一蹴。
翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」をリリースし完全復活した。 2004年からはメインでラルクとしての活動を行いつつ各自がソロ活動をしていたが、2005年中旬からHYDEが新たにバンドメンバーを構成し再始動、acid androidもアルバムリリースを発表しソロ活動を再開したためラルクとしての2006年のスケジュールは現在未定になっている。ただHYDEは「2006年には再び活動を終える」と公表している。待ち遠しい!!

ラルク結成当初は客に「次はいつライブを見られるかわからない」という危機感を持たせるため、月1回以上はライブを行わなかった。
結成前からhydeやtetsuにはJelsarem's Rod、Bystonwell時代からのファンがそれぞれに相当数いたため、1991年5月30日にホームグラウンドとしていた難波ロケッツで行われたファーストライブは対バンながらも150人を動員。
同年9月27日に難波ロケッツで行われた初のワンマンライブでは300人以上の動員を記録し、その噂は関東まで広がり業界関係者の注目の的となった。
2回目のワンマンライブからは難波ロケッツのキャパシティを超える客が集まり人気を不動のものとする。ちなみに関東にはワンマンライブ以前の1991年8月31日に市川CLUB GiOで行われたイベントに出演し、関東でのファン獲得の礎とした。
「DUNE」リリースの前後になると『ラルク号』と名付けられた機材車に乗って全国各地を回りファンを開拓した。

メジャーデビューを果たし、最初の全国ツアー「Sense of time '94」ではチケットがソールドアウトしない会場が発生するが、次のツアー「in CLUB '95」からは前回のツアーでスタッフに全てを任せていたということを踏まえ、メンバー主体でのツアープラン作成を行った。これが功を奏しここからライブ動員数は増え続け、「TOUR heavenry '95」の最終日では日本武道館でライブをするまでになった。

鋼の錬金術師 オリジナルサウンドトラック 2 (初回仕様限定盤)

鋼の錬金術師 オリジナルサウンドトラック 2 (初回仕様限定盤)

人気ランキング : 2,599位
定価 : ¥ 3,150
販売元 : ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 : 2004-12-15

価格 商品名 納期
¥ 2,993 鋼の錬金術師 オリジナルサウンドトラック 2 (初回仕様限定盤) 通常24時間以内に発送
どうなんだろう・・

全体的にはよかったと思う。けど、サントラ1からの曲を少しアレンジしただけっていうのがありすぎだと思う。サントラ2もその中にある曲を多少アレンジしただけって感じでした。これにはものすごいショックを受けました。ですが、アレンジしてある感じがいいので、☆4つで・・そしてもうひとつ。これでサントラが終わるとは思いたくないです。

時差がある

一曲一曲はとてもよいです。
さすが大島ミチル、さすがオーケストラという感じ。
壮大で重っ苦しくてどこか切ない曲盛りだくさん。
劇中でよく鳴っていたダンテのテーマも、
はじめはダンテが嫌いなので、あまり好きじゃなかったけど劇中で再三聞かされる内にいつの間にか口ずさみ、
今では27の「啓示」が一番好きです。
24〜27は全部ダンテの曲のアレンジですが、曲自体はすごくいい曲だし、アレンジが全然違うので飛ばそうとは思いません。
ただ、まだFOAS2なのに後半部の曲ばかり入っている点がちょっと…。
「READY STEADY GO」の後にこんな後半部のめちゃくちゃ暗い曲持ってこなくてもと、なんか違う、と思う。
もっと前半部の未収録の曲だってあるのに…。
今後収録する予定はあるんでしょうか、(ヒューズが撃たれた瞬間に鳴った曲)←お目当て。
FAOS3、4には一体どの曲を入れる気なのかと不安になります。。。

何という贅沢、何という勿体無さ

 全体の印象を一言で表すなら、「哀」だと思いました。「命」が本質的に持つ切なさ、哀しみ、矛盾、葛藤などを、これほどよく表した楽曲集は稀でしょう。エルリック兄弟が、自分達だけでなく周りの状況に目を向けるようになったことを受けて、兄弟の心情よりも状況に主題を置いた曲が多くなっています。
 収録曲は、全く新しく作られたものもあり、リメイクされたものもありです。「孤独」&「追想」、「残滓」&「空虚」、「寥々」、「憂国」は、それぞれFAOS1収録の「ブラーチヤ」、「イシュヴァール」、「禁忌」、「アメストリス」から派生したバリエーションになっています。特に「イシュヴァール」、「残滓」、「空虚」は、同じメロディを持ちながら雰囲気が全く違うので、聴き較べてみるのも一興です。他にも「恩愛」&「罪」、「ホムンクルス」&「露命」、「深い森」&「ダンテ」&「戒飭(かいちょく)」&「啓示」が同じメロディを共有しています。このバリエーションの豊かさは、メロディ自体の持つキャパシティの高さを表していると言って良いでしょう。
 いずれも素晴らしい楽曲達ですが、本編中ではほんの1、2回しか登場していないものが多々あります。たった1つのシーンのために、そのシーンのためだけに曲を作る・・・何という贅沢でしょう!!その曲を聴けば、特定のシーンがありありと浮かびます。映像を思い出しながら聴くのも、サントラの楽しみ方の1つですよね。
 と、ここまで書きましたが、非常に残念なことがあります。初期の名曲が未収録のままになっていることです。1、2話だけでも、キメラとの戦闘シーン、巨大な石像を動かすシーン、教主がホムンクルスに襲われるシーン等で流れた曲が未収録です。ラスボスのテーマ4連発や、他で入手可能なOP&EDよりは、「サウンドトラック」の充実のほうが嬉しいなぁ、というのが正直な気持ちです。あの曲たちをCDに残さず放っておくのは、いかにも勿体無いと思いませんか?

鋼錬ファンとして、大島ミチルさんファンとして。

このCDを聞くきっかけになったのは、大島ミチルさんだったから、なのですが。
フル・オーケストラ仕様と言う事もあり、大分期待していたんですが・・・。
大島さんのウリの一つの壮大かつ繊細が薄かった点が個人的に気になりました。
アニメ音楽として評価するならこれは5つ星です。
アニメファンならこの商品は買って損は無いと思います。聞いててきっとまたアニメが見たくなるでしょう。
ですが、大島さんファンとしてだと、「ちょっと・・・。」な感じでした。
映画BGMの方に期待してます。昔の大島さんが聞きたい!

音楽で楽しめるアニメ

私は、アニメをみていて音楽がとても気に入ったので買いましたが、予想以上の満足感を味わうことができました。
アニメを見ていた人ならば聞くだけで「鋼」の世界を想像でき感動を音で感じることができます。
アニメを見たことがない人でもオーケストラの壮大な音楽に心を奪われること間違いなしです。同タイトルのナンバー1もあわせてオススメです。


ラルクアンシエルのメンバー
●hyde(ハイド)Vocal, Chorus, Guitar(1969年1月29日生)
●ken(ケン)Guitar, Chorus(1968年11月28日生)
●tetsu(テツ)Bass, Chorus(リーダー)(1969年10月3日生)
●yukihiro(ユキヒロ)Drums(1968年11月24日生)

元メンバー ●hiro(ヒロ) 初代G 1992年6月12日に脱退
●pero(ペロ) 初代Dr 1992年12月30日の大阪ミューズホールでのライブをもって脱退
●sakura(サクラ) 2代目Dr 1997年2月24日に覚醒剤取締法違反で逮捕後、同年11月4日に正式脱退(脱退理由は音楽性の違いとなっている)

■ラルクと「ヴィジュアル系」
1999年4月19日、NHKの音楽番組「ポップジャム」の5月1日放送分収録中tetsuが2曲演奏する所を1曲でやめるという事態が起こる。
事の発端はお笑いコンビ爆笑問題の太田光がラルクのメンバーに対し「ヴィジュアル系」と言った事から。
直後演奏した「HEAVEN'S DRIVE」ではtetsuが本来やるはずのコーラスをやらず、演奏後ベースをぞんざいに扱いステージから捌けていった。
この事件はタイトルのように「ポップジャム事件」と呼ばれている。因みに演奏予定だったもう一曲もその後できちんと演奏している。 この事件を2004年出版のtetsuへのインタビュー本「哲学。」の中でtetsuは「楽器をぞんざいに扱いキレてそのまま帰ったというのは間違いである」とし、 実際は「NHKとラルクのメンバーおよびラルク側のスタッフが話し合った結果このまま収録を続行することができないという結論に達したため、スタッフ等に挨拶をし次の仕事へ向かった」 という内容のことを語っている。
実際ラルクのメンバーでhydeやkenなどは「ヴィジュアル系と言われるのは仕方が無い」と語っているが、tetsuは「楽曲をきちんと聴いてもらっていない証拠」と、これを頑なに否定している。
ただ初期のラルクでのtetsu始めメンバーを見るとヴィジュアル系の様を呈しているため、その発言に対する批判は多い。
ただラルクの活動の様子を考えると一般に「ヴィジュアル系」との定義となるハードメイクをメンバー全員がしていたのはインディーズ時代〜バンド活動中期までで、 メジャーデビューを境にどんどんナチュラルメイク化が進行し、『flower』になるとメンバー全員が普通の格好をしているのが分かる。現在のようになったのは1998年頃からである。
このページのトップに戻る
Copyright 2005 ラルクアンシエルの世界 All rights reserved.