ラルクアンシエルを紹介するサイト
お気に入りに追加
   

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)は日本のロックバンド。
リーダーはtetsu (B)。略称はラルク。
1991年2月頃に大阪でtetsuを中心に結成。
グループ名の「L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)」は、フランス語では「ラルカンスィエル」「ラフカンスィエル」と発音し、「虹」という意味。
英語直訳は「the arch in (the) sky」、日本語直訳は「空中のアーチ」。
メンバーの一人一人が持つ高い演奏技術や楽曲センス、hydeの書く幻想的な詞などでメジャーデビュー以来着実にファンを増やし、1996年発売のアルバム「True」がデビュー後初のオリコン1位になる。
「True」はその後発売6週目でミリオンセラーに輝くなどラルク人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、直後にドラムのsakuraが逮捕され活動を完全に休止してしまう。

1997年、長い休止の後発売したシングル「虹」のヒット(当時の自己最高初動・最高売り上げを共に更新)、直後東京ドームで行われた復活コンサート「1997 REINCARNATION」では公演チケットが当時最速の4分で完売と、邦楽業界の第一線へと華々しい復帰を飾る。
1998年にはアルバム「HEART」のミリオンヒットから始まり、シングル「HONEY」「花葬」「浸食〜lose control〜」の3枚同時、シングル「snow drop」「forbidden lover」の2枚連続、1999年にもアルバム「ark」「ray」の2枚同時発売で話題をさらうなどで数々の大ヒットを飛ばし、同時期にヒットを飛ばしたGLAYと共に'90年代後期J-POPシーンのトップを走り続けた。

2001年、シングル「Spirit dreams inside - another dream -」を発売した後に各自がソロ活動などに入り、実質的な活動休止状態になる。
一部では解散説も流れ「もうラルクとしての活動は無いんじゃないか」と思われていたが、2003年に行われた「Shibuya Seven Days 2003」で大々的な復活を果たし、最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売発表で解散説を一蹴。
翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」をリリースし完全復活した。 2004年からはメインでラルクとしての活動を行いつつ各自がソロ活動をしていたが、2005年中旬からHYDEが新たにバンドメンバーを構成し再始動、acid androidもアルバムリリースを発表しソロ活動を再開したためラルクとしての2006年のスケジュールは現在未定になっている。ただHYDEは「2006年には再び活動を終える」と公表している。待ち遠しい!!

ラルク結成当初は客に「次はいつライブを見られるかわからない」という危機感を持たせるため、月1回以上はライブを行わなかった。
結成前からhydeやtetsuにはJelsarem's Rod、Bystonwell時代からのファンがそれぞれに相当数いたため、1991年5月30日にホームグラウンドとしていた難波ロケッツで行われたファーストライブは対バンながらも150人を動員。
同年9月27日に難波ロケッツで行われた初のワンマンライブでは300人以上の動員を記録し、その噂は関東まで広がり業界関係者の注目の的となった。
2回目のワンマンライブからは難波ロケッツのキャパシティを超える客が集まり人気を不動のものとする。ちなみに関東にはワンマンライブ以前の1991年8月31日に市川CLUB GiOで行われたイベントに出演し、関東でのファン獲得の礎とした。
「DUNE」リリースの前後になると『ラルク号』と名付けられた機材車に乗って全国各地を回りファンを開拓した。

メジャーデビューを果たし、最初の全国ツアー「Sense of time '94」ではチケットがソールドアウトしない会場が発生するが、次のツアー「in CLUB '95」からは前回のツアーでスタッフに全てを任せていたということを踏まえ、メンバー主体でのツアープラン作成を行った。これが功を奏しここからライブ動員数は増え続け、「TOUR heavenry '95」の最終日では日本武道館でライブをするまでになった。

Link (初回生産限定盤DVD付)

Link (初回生産限定盤DVD付)

人気ランキング : 5,050位
定価 : ¥ 1,300
販売元 : KRE
発売日 : 2005-07-20

価格 商品名 納期
Link (初回生産限定盤DVD付)
王道的なポップ路線をいく仕上がり。

〜アニメ映画『鋼の錬金術師〜〜 -シャンバラを征く者-』のテーマソングとして書き下ろし。
明るい曲調で、作曲したtetsuの語る通り王道的なポップ路線をいく仕上がりです。
詞は、映画に即したものになっております。
また、最新アルバム『AWAKE』の曲中詞が反戦的なテーマで書かれていましたが、
今回も「争い」という言葉が使われていたりと『AWAKE』の延長線上にある気がします。
ボー〜〜カルにギターがちょこちょこ絡んでくるような感じ、
ストリングスやアコースティックギターの音、
軽快なドラム、ハンドクラップ、爽やかでウキウキするアレンジです。
このDVD付きの限定盤は、正直オススメできません。
まずラルクの映像が収録されていないということと、
そしてアニメの映像も公式サイトで見ることのできるクリップばかり。
ラルク〜〜のファン、アニメのファン、双方に受け入れられないようなDVDです。
初回仕様盤及び通常盤が無難な選択でしょう。〜

今年@番のポップチューン!!!

この曲はラルク復活後(REDY STEADY GO〜叙情詩)で最も良い仕上がりだと思います^^
現在掲示板等でhydeさんのモヒカン姿が話題となっています!!!
新しいことにも挑戦したラルクでした!!! 
PVにはtetsuさん&hydeさんの手をたたく姿・yukihiroさんの子供と触れ合う姿・kenさんのバスケでゴールを決める姿と、今までにない(???)
若わかしさでした(笑)
僕は「例えこの体がいくら燃え尽きても良いさ。君に捧ぐなら、大空へと僕は真っ白に舞い上がり、守ってあげる!!!」
と言うところがとても好きです^^
ぜひ、かってみてはいかがでしょうか???…
DVDにも注目

詩もいいね。

この曲最高。
昔からのファンは否定すると思いますが、楽曲の良さと世間の評価・セールスがガッチリ噛み合わさったのは「HEART」〜「ark」「ray」期のラルクで、復活作の「SMILE」以降、このあたりの雰囲気を取り戻しつつ、実験的な事もやっていこう!な空気が、ここ最近のシングルにはあったように思います。「叙情詩」あたりから確実に実を結び、その決定打がこの曲だと思います。「killing me」「New World」ももちろんいいが、どこかふさぎこんでいるような印象があり、「Link」にはこの2曲にはない突き抜け感がある。この突き抜け感がこそがラルクの真骨頂だよ。アルバム「AWAKE」で感じたことを、このシングルで確信した。もうラルクは大丈夫だ。

さすがラルク

 サウンドがダメとか言ってる人も居ますが、
そんな事はあり得ません。一定レベルよりは上です。
凝っているかと言うとそうでも在りませんが…サザンの曲もいっしょに買った物ですから、
比べてしまっているかも知れません。
 詞がhydeらしく無いと言う人もいるようですがそれもあり得ません。
間違いなくhydeの詞ですよ。
この自己犠牲的な愛情表現は彼のモノです。
ただアニメの主題歌にそう形に為っているとは思います。

付属のDVDがPV収録だったらなお良かったけど・・・

アルバムAWAKEと同時期に作られたせいか、テーマが共通しているみたいですね。テーマはラブ&ピースでしょうか。PVもこれまでにないさわやかさ。ハガレンのトレーラーではなくてこれがDVDに収録されていれば・・・。それにしてもお気に入りの曲の1つには間違いないですね。


ラルクアンシエルのメンバー
●hyde(ハイド)Vocal, Chorus, Guitar(1969年1月29日生)
●ken(ケン)Guitar, Chorus(1968年11月28日生)
●tetsu(テツ)Bass, Chorus(リーダー)(1969年10月3日生)
●yukihiro(ユキヒロ)Drums(1968年11月24日生)

元メンバー ●hiro(ヒロ) 初代G 1992年6月12日に脱退
●pero(ペロ) 初代Dr 1992年12月30日の大阪ミューズホールでのライブをもって脱退
●sakura(サクラ) 2代目Dr 1997年2月24日に覚醒剤取締法違反で逮捕後、同年11月4日に正式脱退(脱退理由は音楽性の違いとなっている)

■ラルクと「ヴィジュアル系」
1999年4月19日、NHKの音楽番組「ポップジャム」の5月1日放送分収録中tetsuが2曲演奏する所を1曲でやめるという事態が起こる。
事の発端はお笑いコンビ爆笑問題の太田光がラルクのメンバーに対し「ヴィジュアル系」と言った事から。
直後演奏した「HEAVEN'S DRIVE」ではtetsuが本来やるはずのコーラスをやらず、演奏後ベースをぞんざいに扱いステージから捌けていった。
この事件はタイトルのように「ポップジャム事件」と呼ばれている。因みに演奏予定だったもう一曲もその後できちんと演奏している。 この事件を2004年出版のtetsuへのインタビュー本「哲学。」の中でtetsuは「楽器をぞんざいに扱いキレてそのまま帰ったというのは間違いである」とし、 実際は「NHKとラルクのメンバーおよびラルク側のスタッフが話し合った結果このまま収録を続行することができないという結論に達したため、スタッフ等に挨拶をし次の仕事へ向かった」 という内容のことを語っている。
実際ラルクのメンバーでhydeやkenなどは「ヴィジュアル系と言われるのは仕方が無い」と語っているが、tetsuは「楽曲をきちんと聴いてもらっていない証拠」と、これを頑なに否定している。
ただ初期のラルクでのtetsu始めメンバーを見るとヴィジュアル系の様を呈しているため、その発言に対する批判は多い。
ただラルクの活動の様子を考えると一般に「ヴィジュアル系」との定義となるハードメイクをメンバー全員がしていたのはインディーズ時代〜バンド活動中期までで、 メジャーデビューを境にどんどんナチュラルメイク化が進行し、『flower』になるとメンバー全員が普通の格好をしているのが分かる。現在のようになったのは1998年頃からである。
このページのトップに戻る
Copyright 2005 ラルクアンシエルの世界 All rights reserved.